消費者金融にだけある総量規制

2016年12月2日

これから消費者金融を利用しようと公式ホームページをいくつかみてみたのであれば既に目に入っているかもしれません。

総量規制という文字です。

貸金業法の中にある一つであり消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などに適用されています。

総量規制とは借り入れをする個人の貸金業からの借り入れ総額を年収の3分の1に規制するというものです。

年収が300万円であればその3分の1である100万円が貸金業からの借り入れ上限となることになります。

消費者金融を利用するときにはこの総量規制がデメリットになると言われることは多くあります。

しかし実際にはどうでしょうか。

この年収の3分の1がどれだけ足を引っ張ることになるのかみてみましょう。

そもそも年収の3分の1、これは個人向けの無担保融資である消費者金融のカードローンにおいては十分な金額です。

消費者金融は大型融資に向いているものではありません。

なぜなら金利が高いからであり、借り入れ金額が大きくなったり、もしくは利用期間が長くなったりとなれば利息に与える影響が大きくなります。

だからこそ消費者金融は少額キャッシングと言われています。

大きな金額を借り入れたいのであれば何かしらの目的があるでしょう。

例えば大型テレビを購入するために50万円がかかる、それであれば銀行の多目的ローンを利用するとよいでしょう。

旅行費用も多目的ローンで賄うことができます。

資金使途が明確になっているのであれば多目的ローンが活用できるものでありそのほか住宅ローンやマイカーローンなどもあります。

資金使途が明確ではなく少額だけを借り入れたい、だからこそ消費者金融を選択するでしょう。

そこで借り入れ金額がそれほどの金額にならないことは容易に想像がつくものです。

例えばこんな考え方もあるでしょう。

定期預金はある、保険もある、しかしそれを解約してでも作らなくてはならないというほどの借り入れではない場合です。

これまで積み立ててきた保険や預金を解約するのではなく、少額だからこそ借り入れによって対処できるということもあります。

そもそもの消費者金融の使い方を間違えてはいけません。

総量規制が消費者金融のデメリットというのは、消費者金融の使い方を心得ていない場合に限られます。

短期間に完済ができる金額は消費者金融でも十分に活用できる、そのように考えなくてはなりません。

総量規制の上限に抵触するような借り入れは、消費者金融では向いていないということです。

これらを踏まえて今一度総量規制についてみてみましょう。

年収の3分の1を上限とする以上、借り入れ金額が増えればその範囲に触れる可能性が出てきます。

そのため総量規制では一定の借り入れ金額に達した時には消費者金融に収入を証明しなくてはなりません。

・1社からの借り入れ金額、借入希望金額が50万円を超える場合

・すべての貸金業からの借り入れ総額が100万円を超える場合

このときに収入証明書類として源泉徴収票を提出します。

源泉徴収票がない場合には最新の給与明細書数か月分でも対応がされていることがあります。

しかし消費者金融は金利が高いということを考えても、収入証明書類提出のタイミングまで借り入れをしてしまうこともまた借り過ぎであると言えるでしょう。

総量規制は消費者金融のデメリットではありません。

むしろ消費者金融を含む貸金業からの借り過ぎの警鐘をならず法律といえるでしょう。

消費者金融から収入証明書類の提出を求められたときには借り過ぎとして第一の警鐘です。

総量規制の借り入れ上限に達した時には最終警告です。

消費者金融のシステムを十分に理解し、どのように使わなくてはならないのかをよく考えなくてはなりません。

プロミス審査|審査落ちしない為に確認する事はこちら

三菱東京ufjで即日融資は可能?

2016年11月30日

銀行系のカードローンというのは、経営的にしっかりしているという安心感があり、しかも総量規制の対象にならないことから、より多くの金額を借り入れることができるという面で、たいへん魅力的なものといえます。しかし、こうした銀行系カードローンというのは、審査がきびしく、審査の時間としても数日間はかかってしまうというのが一般的であり、消費者金融系によくある即日融資のカードローンとくらべると、なかなか敷居が高いという部分もあるものです。
そのようななかで、三菱東京ufj銀行のカードローンであれば、銀行系にはめずらしく、実は即日融資も可能というプランがあるのです。三菱東京ufj銀行で即日融資が可能なカードローンは、バンクイックとよばれる名前のものであり、最短の場合ですと審査回答までが30分で、申し込んだその日にも実際に借り入れが可能になるというものです。
三菱東京ufj銀行は即日融資可能というカードローンにはめずらしく、利用限度額は500万円までと大口にも対応していて、入会金や年会費なども不要となっています。申し込みにあたっては、インターネットからであれば、24時間いつでも、定休日などを気にせずに受付をしてもらえます。
三菱東京ufj銀行で即日融資をより確実とするためには、いくつかコツがありますが、やはり銀行の窓口が営業している時間にあわせて午前中か、午後のはやい時間帯までに申し込みをすませることや、条件としては銀行口座は不要となっているものの、入金の時間短縮のために、三菱東京ufj銀行であらかじめ口座を開設していることなどが望まれます。
即日融資キャッシングはどこがおすすめ?はこちら

大分にあるレイク、自動契約機が無くても電話で即日

2016年11月28日

大分にあるレイク自動契約機、大分県の中では別府と大分市内に多く集中しておりそれ以外の地域では自動契約機の数は激減します。
地域の中にレイクの自動契約機があるのであれば問題ありませんが、近くにレイクがない場合の申し込み方法を確認しておきましょう。

当日に借り入れをしたいけれどもレイクがないとしても心配はありません。
レイクなら自動契約機の無い場所でも申し込み当日に借り入れをすることができます。
インターネットからの申し込みもできますが、実はレイクで最も早い申し込み方法は電話。
驚いたかもしれません、通常電話での申し込みは郵送と同じくらいのレベルと考えられておりとても当日借り入れの選択肢の中に入れるものではないと考えられているからです。

電話申し込みのメリットは審査結果が素早くわかること。
審査結果がわかればそれだけ契約までも素早く進めていくことができます。
本人確認証や契約書の取り交わしは郵送という手段もあるもののそれであれば当日の借り入れは完全に不可能。
しかしFAXという手段がありますので問題ありません。
自宅にFAXがなくてもコンビニならどこでもFAXを利用することができますので契約に進めていくことができます。
考えておきたいのは在籍確認。
勤務先として申告した場所に確実に在籍しているか確認がとれなければ審査完了とはなりません。
これはレイクの時間の問題というよりも個人の勤務状況の問題となりますので会社に誰かいる時間帯であるほうが間違いないこととなります。

カードローンを利用するうえで一番大切なこと

2016年11月15日

カードローンを利用するうえで一番大切なことは、きちんと返済を続けることです。
お金を借りることばかりに目がいって、返済のことを考えずに利用することは非常に危険です。
利用前には必ず返済についてしっかり考えるようにしましょう。
ここでは、カードローンの返済についてよくある質問にお答えしましょう。

Q。カードローンの返済計画はどのように立てればいいのですか?
→A.自分の収入と比較して無理のない返済額などを確認、カードローン会社に相談することも一つの方法です。

「ご利用は計画的に!」
カードローンの宣伝で必ず用いられる言葉です。
適当な返済計画では、完済する目途も立たず、長い間家計に大きな負担を与えるかもしれません。

返済計画には、まず自分の収入と支出のバランスを見比べることが大切です。
毎月の収入と、生活費などの支出、これに借入による返済額を合わせて収支がプラスにならないと返済できなくなりますので、注意しましょう。

カードローン会社のホームページ上には、「返済シュミレーション」のツールが整っています。
借入希望金額、利率などを入力すると、毎月の返済額や返済期限などを計算してくれます。
逆に完済希望時期を入力することで、毎月どれだけ返済しなけれないけないかも計算してくれます。
あくまで目安になりますが、利用前の返済計画を立てる際に活用しましょう。

どうしても上手に返済計画が立てられないという方は、カードローン会社の窓口で相談することも一つの方法です。
自分の収入と支出の状況を話しながら、自分にあった利用と返済計画の立案に手助けをしてくれます。

Q。カードローンの返済方式には、どのようなものがありますか?
→A.大きく「元利均等返済」「元金均等返済」「リボルビング」の3つがあります。

カードローンの商品案内には、「借入金額スライドリボルビング方式」「借入後残高スライド元利定額返済方式」といった金融用語的な返済方式が掲載されています。
利用者にとってはあまりなじみのない言葉ですが、返済方式の違いで同じ金額、金利の借入でも返済金額が異なってきますので注意が必要です。

「元利均等返済」は、返済元金と利息額の合計額が常に一定となる返済方式です。
返済金額があらかじめ固定されていますので、返済計画が立てやすい特徴があります。

「元金均等返済」は、借入元金を返済回数で割って返済していく方式です。
借入の残高が分かりやすく、総支払利息は、元利均等返済より少なくなります。
しかし、返済当初の返済金額が大きくなります。

「リボルビング」とは、「リボ払い」と呼ばれ、完済まで毎月の返済額が固定されている方式です。
例えば、毎月1万円の返済を残高がなくなるまで続けていく、といった返済方式です。
借入金額が多くなるほど、最終までの期間も長くなります。

「リボ払い」のうち「残高スライド方式」とは、借入残高に応じて返済金額が段階的に変化する方式です。
例えば、借入残高10万円未満→返済金額5千円、借入残高10万円以上50万円未満→返済金額1万円、借入残高50万円以上100万円未満→返済金額2万円、というように借入残高が多くなるほど、毎月の返済金額も大きくなるというものです。
ソニー銀行カードローン|申込から融資まではこちら